社会人・留学生の受入れ

二足のわらじの会

『二足のわらじの会』プロフィール

現職教員として教育研究科に在籍している人たちによって、昭和57年以来「二足のわらじの会」がつくられ、交流がつづけられています。

二足のわらじの会 会長
小原 快章(スクールリーダーシップ開発専攻)静岡県立掛川西高等学校

「二足のわらじの会」は、各都道府県からの派遣、あるいは休職制度の活用などによって現職教員の身分のまま教育研究科に学ぶ者の集まりとして発足しました。これまでにも多くの現職教員の皆さんが、小学校・中学校・高等学校・特別支援学校など校種を超えて在籍してきました。特筆すべきことは、かつて本会を母体として、当時の高等学校の教員が中心となり日本高校教育学会が設立されたことです。平成6年のことです。この学会は、国内唯一の高校教育を研究対象とした学会として、日本の高校教育の改善・充実と高校教師の力量向上に貢献する存在となっています。

現在の二足のわらじの会は、教育研究科でともに学んでいる退職されたベテラン教員の方や教育実践を経験された方なども加え、多様な経歴を持った方が多数参加されるようになっています。本会の目的は、多様な教育経験を持った方々が、校種や教科、専門の枠を超えて情報交換をすることで、各自の研究内容をより深化させ、高度専門職業人としての見識を高める機会を提供することにあります。

また、他の院生とともに講義に参加し、研究活動を進めていくなかで、現場からの視点での分析・考察がとても重要な役割を担っていることも常々感じます。現職教員同士、腹を割って話すことができる人間関係が築けることは、大学院での生活をより一層実り多きものにしてくれることでしょう。研究以外でも、不安を抱える入学当初や単身赴任で心細さを感じた時など、「二足のわらじの会」が少しでもお役に立てればと思います。

新明 匠(教科教育専攻/英語教育コース)北海道帯広三条高等学校

「したい人10,000人。始める人100人。続ける人1人。」

これは、自己啓発と戒めの言葉として院生室にある私の机に貼ってある言葉です。北海道教育委員会の大学院長期派遣制度を利用して教育現場を離れ、平成28年より修士課程での研究生活が始まりました。1つの研究テーマに従って、膨大な先行研究から知識や知見を得て論理を構成していく上で、思い知らされた事は自分自身がいかに無知だったのかという事実でした。英文学・英語学・英語教育学の3分野を中心に毎日の講義から得られる分析や考察は現場とは違う貴重な学びであり、まさに、たった1つのことを「続ける」ことの尊さを痛感しました。

また、強い上昇志向と向学心を持ち、全国から来られた現職教員と出会う機会も貴重でした。「二足のわらじの会」には、教科・校種・地域を越えての交流があり、現代の教育現場が抱える苦悩や問題点、あるべき理想についても語り合う事が出来ます。大学院では最新の理論や専門的知識が得られ、上記の会では現職の経験について再確認することが出来ます。理論と実践の融合が図れる点も大学院生活の魅力です。昭和57年から継続している会とあって、卒業された方と出会うこともあり、多くの励ましも頂きます。人との出会いと繋がりにも大変感謝をしている毎日です。この2年間を有意義な時間とするために、今日も「続ける1人」でありたいと思います。

服部 達哉(教科教育専攻/理科教育コース)岐阜県立岐阜北高等学校

学校現場を一度離れ、大学院で学ぶことによって、積み重ねてきた実践を深く内省することができました。また、学校教育をそれまでとは異なる視座から考えることができるようになりました。「理科教育を通して身に付けさせるべきことは何であるのか」という教育の本質的な課題にじっくり取り組むことは、今後の私の成長の大きな糧になることと確信しています。教育研究科には様々な年齢や経験をもった学生が在籍し、多くの刺激を受けて生活をしています。様々な考え方をもつ仲間との議論は私の思考の幅を広げることにつながりました。

二足のわらじの会では他県の先生方と交流することができます。情報交換をしたり、悩みを気軽に相談したりすることができる機会となっています。単身でつくばでの生活に不安を抱えていた私にとって二足のわらじの会の仲間は大きな支えとなっています。岐阜県では独自の二足のわらじの会も存在し、岐阜県のOBの方々からも多くの助言をいただいています。

大学院での生活も残り1年となりました。じっくりと研究に取り組むことができるまたとない機会です。悔いのないよう研究に邁進し、充実した生活を送りたいと思います。

南波 純(教科教育専攻/社会科教育コース)山形県鶴岡市立鶴岡第一中学校

昨年は大学院休業制度を利用し、一人の学生として単位の修得を目指しつつ、多くのことを学ぶことができた1年でした。今年度は月に1~2回程度修論ゼミのある日に山形県から筑波に登校しながら修士論文の作成に取り組んでおります。

筑波の教育研究科を選んだのは、自分の研究テーマである「シチズンシップ教育」に精通している先生がいらっしゃることや、社会科教育だけでなく教育学の分野の科目も広く履修できることを期待してでした。実際、入学式の翌週の授業から次期学習指導要領に関する最新の情報が入ってきたり、「アクティブ・ラーニング」について社会科だけでなく、他の教科についても教科横断的に学ぶことができたり、筑波に来て本当に良かったと思いました。また首都圏にあることで教育や研究に関する最新の情報が入手でき、各種の研究会や学会にも数多く参加することができました。これは他の地方の教職大学院では、なかなか経験できないことではないでしょうか。

久々の学生生活でしたが、課題の提出やゼミでの発表の準備など慣れないことも多く、また研究と現場の実態とのギャップを感じたりすることもありました。そんな時に全国から来ている現職の先生方と同じ悩みを共有したり、情報交換をしたことは、日々の悩みが解消されたり、学習や研究を進めるうえで本当に大きな心の支えとなりました。

春から現場に復帰して日々授業実践をしていますが、今は子どもたちに授業をするのが楽しみです。大学院で学んだ様々な学問分野の知見を活かし、今までできなかった授業デザインができるよう新たな気持ちで教材研究に取り組んでいる毎日です。