新着情報

公認心理師試験出願に必要な「修了証明書・科目履修証明書」の申請手続きについて

公認心理師試験出願に必要な「修了証明書・科目履修証明書」の申請手続きについて

教育研究科スクールリーダーシップ開発(SL)専攻及び旧学校教育コースによる開設科目と公認心理師受験資格の経過措置に伴う読み替えについては、以下の手続き1〜5にしたがって「修了証明書・科目履修証明書」の申請をしていただいております。

※証明書の発行には通常で申請から1週間程度の期間をいただいておりますが、お問い合わせが集中するとより長い時間が必要になることが見込まれます。郵便事情の遅れについて、本学は一切責任が取れないため、時間的余裕をもって申請してください。ご理解のほどお願い致します。

対象:教育研究科スクールリーダーシップ開発(SL)専攻及び旧学校教育コース修了生

受付期間:~令和3年5月31日(月)必着

 

(1)成績証明書を大学から取り寄せてください

成績証明書の発行まで1週間程度かかりますので、時間的余裕をもって申し込んでください。証明書交付については下記ホームページをご覧下さい。

http://www.tsukuba.ac.jp/alumni/g-application.html

(2) 公認心理師試験出願に必要な「修了証明書・科目履修証明書」の様式を準備してください

様式は一般財団法人日本心理研修センターの下記ホームページに掲載されています。

http://shinri-kenshu.jp/support/examination.html#exam_001_anchor_08

 (3)公認心理師になるために必要な科目(大学院における)の読替えについての情報を確認してください

公認心理師になるために必要な科目(大学院における)の読替えについての情報は、下記ホームページに掲載されています。なお、2018年4月21日にファイルを更新いたしました。

http://www.kyouiku.tsukuba.ac.jp/curriculum/license/koninshinrishikamoku2021

(4) (1) 成績証明書と(3) 公認心理師になるために必要な科目(大学院における)の読替えについての情報を照合し、公認心理師出願資格に必要な科目が履修できているかを確認した上で、「修了証明書・科目履修証明書」の下書きをしてください

「修了証明書・科目履修証明書」は大学で発行したものを提出する必要がありますが、発行期間短縮のため、あらかじめ確認、下書きをお願いします。また、(1) 成績証明書と(3) 公認心理師になるために必要な科目(大学院における)の読替えについての情報の中の該当科目には、あらかじめ丸で囲む、下線を引くなどマークしてください。

なお、事務作業の迅速化を図るため、「修了証明書・科目履修証明書」には単位を取得した該当科目の全てではなく、公認心理師の受験資格に必要な最小限の科目名のみを記載します。

(5) ①申請書(証明書交付願)、②下書きした「修了証明書・科目履修証明書」(コピー)、③該当科目をマークした「成績証明書」(コピー)、④該当科目をマークした「公認心理師になるために必要な科目(大学院における)の読替えについての情報」(コピー)を、人間エリア支援室大学院教務までご送付ください

証明書交付については下記ホームページをご覧下さい。

http://www.tsukuba.ac.jp/alumni/g-application.html

その際に、②~④の原本は必ずお手元に保存してください。なお、この時期は各種証明書の発行依頼が集中する時期にあたるため、通常発行に係る日数以上を要する場合があります。郵便事情の遅れについて、本学は一切責任が取れないため、5月31日(月)必着で申し込んでください。

以上、ご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。

 証明書がお手元に届き次第、証明書の記載内容に間違いがないかご自身で確認の上、必要書類を整えて各自出願してください

なお、旧障害児教育専攻を含む障害科学専攻開設科目については、 メールアドレス:dsdc<@>human.tsukuba.ac.jp(<>をお取りください)までお問い合わせください。

 

以上