新着情報

教職セミナー2019「これからの教職を考える」は大盛況で終了しました。

2月24日(日)に、筑波大学文科系修士棟にて、教職セミナー2019「これからの教職を考える」を開催いたしました。
全国の教育現場で活躍している筑波大学OBや県内の先生方を招聘し、教育現場(学校・教育委員会)の現状と課題についての提起や,将来教師を目指す大学院生・学生に期待すること等の話題提供と助言を頂きました。
ご参会いただいた皆様、ありがとうございました。

<参加者の声①>
本日は、教職を目指すにあたり、教育現場の現状と課題について勉強したく、参加させていただきました。ご発表して下さった先生方は、現場での教師経験だけでなく、行政でのお仕事や管理職としてのお仕事を経験している方々で、教育現場について多角的な視点からのお話を伺うことができ、大変勉強になりました。
教職については暗いニュースも多く、不安もありましたが、筑波大学のOBとして、パワフルで経験豊富な先生方が全国各地にいるということが分かり、教職を目指す上での励みとなりました。

<参加者の声②>
私は現職経験者でしたが、講師の先生の経験に基づいた興味深いお話を聞くことができました。現場にいると、現状に疑問を持たないということがありますが、今回のお話では物事を俯瞰して見る大切さを学びました。同時に、実践に役立つ方法・考え方を昨今の教育を取り巻く問題にからめて話していただき、とても意義のあるセミナーでした。ありがとうございました。