理科教育コース

理科教育コース

中等理科教育界のリーダー養成

Science Education

理科教育コースは中等教育段階でリーダーシップのとれる理科教師の育成を主たる目標にしています。院生は、思春期の生徒の実態をふまえた科学教育の知的素養と科学各分野(物理、化学、生物、地学)の幅広くかつ専門的な知的素養の両者を統合的に修得しながら、中等教育段階の科学教育や科学各専門分野での課題をテーマに修士論文を作成し、教育学修士号および高校・中学校理科教員の専修免許を取得して、将来の日本の中核的な人材になることを目指して巣立っています。

カリキュラム

理科教育コースの授業科目は、理科教育の基礎的・基本的な知識の修得を目指す教科教育科目、中等学校の理科教師に必要な科学各分野(物理、化学、生物、地学)の知識や実験指導等の技能の習得を目指す教科専門科目、さらに、理科教育や科学各分野のより深い理解と修士論文作成を目指す選択科目の3区分からなっています。理科教育特別研究1及び2は修士論文作成のための必須科目であり、それぞれ構想発表会(1年次)および中間発表会(2年次)として実施されています。また、社会人特別選抜生のために、昼夜間開講の特別科目も用意されています。

学生指導

1、2年生にそれぞれクラス担任を配置し、修学・学生生活上の指導を随時行っています。修士論文のテーマは、理科教育学の分野、科学の各専門分野、教材開発などから自由に選択することが出来ますが、遅くとも1年次の8月までに指導教員とテーマを決めます。テーマが決まった時点から研究に着手し、3月に構想発表を行ってコース担当教員からの指導を受けます。2年次では10月に中間発表を行い、理科教育コースの審査に合格した者が、修士論文の提出を認められます。最終審査会は2月に行われます。

修了生の進路

これまでの修了生の大部分は、主に全国の高校の理科教師となっています。この他理科教育学や科学の各分野の大学院に進学したり、大学の理科教育学や他の領域の教員になっています。さらに民間企業に就いたものもいます。また、現職派遣教員や海外からの留学生も現職復帰したり、母国に戻っています。それぞれが皆リーダーとなって活躍しています。

修了生の声

広瀬敬子(平成4年度修了)目白学園中学校高等学校 教諭

教員生活6年にして途中下車し入学した理科教育コース。そこは、理科の教師を目指す学生と教育研究のためにきた現場教員という教育を志す者が,ともに勉強し研究する場でした。そして目標が明確ではなかった学部とも違い、決まったプログラムどおりの教員研修とも異なる、同じ目的の者同士が互いに研鑽し夢や希望を語る場でした。再び戻った現場ではなかなか理想どおりにはいかないのですが、理科教育コースで指導を頂いた先生や友との人間関係は現在の私の支えであり財産となっています。

澤田(生田目)順子(昭和59年度修了)茨城県立日立第二高等学校 教諭

目も醒めるような質問や野外から単離したゾウリムシの研究など、生徒達と向き合う中で逆に生物の面白さに気付かされています。理科教育コースでは、熱心な先生方に探求の過程の重要性と、最新の機器を用いた教材の開発をご指導いただきました。
昨今の生命科学の進歩は目覚ましく少しでも追いかけるべく、MCSEで学んだことを糧に、大腸菌の遺伝子組換え実験などをご指導を受けて実施しています。

修士論文一覧・担当教員

修士論文一覧 担当教員