保健体育教育コース

保健体育教育コース

自ら力量を磨く創造的人材の育成

Health and Physical Education

保健体育教育コースでは、保健体育教育を学校教育全体の中で捉える視野を身につけ、中・高等学校の保健体育教師として身に付けるべき実践的能力を、幅広い教育学的な素養とスポーツ科学の基礎的知識を踏まえて育成することを目指しています。

そのため、保健体育教師の職業イメージを形成するとともに、保健体育の授業づくりに関わる基礎的知識と実践的能力を育成する科目群を配置しています。また、附属の小・中・高校で行われる研究授業や教育実習に関わる実習を各学期に設定しています。

カリキュラムと学生指導

保健体育教育コースでは、教育デザイン論、教科教育論等の、教員としての基本的な資質を養う科目の他に、保健体育科教育に関する科目、各種運動・スポーツ指導に関する科目、スポーツ科学に関する科目を受講します。体育科教育に関する科目には、カリキュラム、教材開発、授業づくり等に関する講義だけでなく、模擬授業、授業観察・分析、教育実習生のサポートを行う実習・演習が含まれています。また、運動・スポーツ指導に関する科目には、種目ごとに指導の理論と実習の科目が設けられています。

修士論文作成のための指導は、1年次から行われます。保健体育教育コースでは、授業やゼミを通じて、学校教育、教科教育、保健体育科教育、各種運動・スポーツ種目と指導法、スポーツ科学について学び、学校における保健体育教育に関する研究の構想をまとめます。授業観察・分析法を学び、教育現場での演習・実習の機会を活用して、予備調査や予備実験も行います。各運動・スポーツ種目を専門に研究する教員や、保健体育科教育学やその他のスポーツ科学を専門とする教員から指導を受けるだけでなく、小・中・高校の現職教員からもアドバイスを受けて、教育の実践現場に役立つ研究を立案・実施します。

これまでの修士論文テーマは、「ボールゲームにつながる小学校低学年のゲーム領域「鬼遊び」の教材の検討-ボール操作以外の技能と思考・判断の学習効果に着目して-」、「中学校の2年生にわたるベースボール型単元の学習効果-送球,走塁の判断に焦点を当てたゲームにおける守備及び走塁のパフォーマンスからの検討-」、「体育授業における実践的指導力を向上させる要因と支援についての検討―大学生の模擬授業における技能に関する矯正的・具体的フィードバックに着目して-」などです。テーマの選択や変更は自由で、1年次の12月までにテーマを決定します。2年次に修士論文をまとめますが、修了までに研究成果を学会発表するよう促しています。また、例年1月末には、他大学の教員・学生、小・中・高校の現職教員を含めて100名以上が集まる、体育科学系体育科教育学研究室の発表会があり、修士論文の研究成果を発表します。

修了生の声

山内翔太(平成25年度修了)宮城県公立中学校

他大学を卒業後、教育やスポーツ科学など様々な分野において伝統のある筑波大学大学院で学びたいと考え、保健体育教育コースに入学しました。筑波大学大学院には2年間では学びきれないほどの魅力的な学びが沢山あります。本コースで学び、学会発表や研究活動をできたこと、仲間と夜遅くまで保健体育授業について意見を言い合ったことなど、筑波大学での2年間は私にとって、すべてが大切な財産になりました。
大学院修了後、保健体育教師として中学校に勤めています。授業前に教材研究をいくら行っても、生徒を相手にしている日々の授業では予想できないことが起こります。そのような場面では、体育授業の構造や授業づくりの考え方、体育授業中の教師行動などについて、模擬授業や授業研究会、修士論文の作成などで徹底的に学んできた経験が活きる場面が多くあります。2年間の学びが子どもたちに還元できていると実感しています。大学院に来なくても教員にはなれます。しかし、本コースで学ぶことで、多様な視野のもと授業が行える教員になることができると思います。

在学生からのメッセージ

久野幹也(平成28年度入学)

私たち保健体育コースは様々な専門種目の学生が集まり、熱心な先生の御指導の下、日々研究活動に取り組んでいます。学群時代とは視点の異なる講義により体育教師としての専門的な知識を得ることはもちろんのこと、実習活動も充実しており、知識と実践の双方から学びを深めることができるのが特徴です。また、研究会などで現場の先生方と意見交換できる機会も多くあり、附属学校など現場の実際に触れられることも良い経験となっています。
修士1年次に教員採用試験に合格することができました。試験に当たっては、講義や実習での論理的に物事を考え説明するという経験が、実技試験だけでなく、面接においても説得力のある回答につながり、大きな武器になりました。また、研究室には同じく教員を目指す仲間や、すでに教師経験のある仲間がいることで、日頃から教師を志すモチベーションを高く保てる環境にあり、教師への道を強く意識し続けることができました。
また、御指導いただく先生方も現場での経験が豊富で、教育の場で生かすことのできる学びを多く得ることができます。未来の教師が集っている教育研究科の環境を活かして学びを深めていきたいと考えております。

修士論文一覧・担当教員

修士論文一覧 担当教員