数学教育コース

数学教育コース

数学教育を担い先導する人材の育成

Mathematics Education

新しい知識・情報・技術が社会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要になり、しかもそれらは日々変化を遂げています。このような変化の激しい社会に生きる子ども達の教育に当たる人材の養成は、今日の教育界における最も重要な課題の一つです。数学教育コースではこの様な社会的要請に応えるべく、主として中・高等学校における数学教育において中心的役割を果たすに相応しい能力を養い,また数学教育学の実践的研究者を養成することを目指しています。また近年では卒業生が、学校教育以外の場においても活躍できるような素養を身につけるための教育も行っています。

カリキュラム

カリキュラムは、教科教育科目・教科専門科目・選択科目から成っています。教科教育科目では数学科教育学の基礎的な諸理論・授業分析・教育史などを取り上げます。教科専門科目では数学の諸分野(代数学・幾何学・解析学・情報数学)を取り扱い、数学のより深い理解を目指します。選択科目は、教科専門科目、数学教育特別研究I・II、数学特別研究I・IIからなり、専門科目に関する理解を深めるとともに、修士論文作成指導を行います。

学生指導

数学教育コースでは、数学および数学教育両面における高い素養を備えた教育者を要請することを目指しています。そのため修士論文は主論文・副論文の2つを提出することを求めています。学生は数学教育学あるいは数学を主専攻として学び、各々の指導教員のもとで主論文を作成します。副論文は、数学および数学教育学のうち主専攻以外の分野について、学んだことを自ら纏めることを中心としています。

修了生の進路

修了生の多くが国・公および私立中・高等学校教員として勤務しています。それぞれの勤務校で経験を積み,研鑽を重ねた上で大学の研究者となるものも少なくありません。さらに文教行政に携わったり、官庁の上級職・民間企業(コンピュータ関連会社・教育関係出版社等)に就職する修了生もいます。

修了生の声

花園隼人 (平成20年度修了)東京学芸大学教育学部附属高校 教諭

現在私は高等学校に数学科教諭として勤めています。知識基盤社会を迎えて、生徒からの期待、保護者からの期待、社会情勢からの期待など、数学教育に求められることは決して少なくありません。そのような「流行」をとらえるためには、最新の情報に向けて常にアンテナを広げておくことや、先入観を抑えて研究者の目で物事に相対することが必要になります。一方で日本の数学教育には過去から大事にされてきた「不易」の信念や価値観があります。日々の実践において困ったとき、苦しいときにはこの信念や価値観が拠り所となることを実感しています。私は数学教育コースでの論文作成や国内外の数学教育研究等を学ぶことを通して、この「流行」のとらえ方と「不易」の信念・価値観を身につけさせて頂きました。また、先生方の懇切丁寧な論文指導はもちろん、博士課程の院生との議論や国内外の著名な研究者との出会いに恵まれていることは筑波ならではのことだと思います。数学教育コースでは、これまで日本の数学教育の先導的な人材の育成に大きく寄与しています。是非、日本、そして世界の数学教育への貢献を目指して、このコースで知り合う仲間とともに学びあいましょう。

リンク

修士論文一覧・担当教員

修士論文一覧 担当教員