英語教育コース

英語教育コース

言語研究と文化研究をふまえた英語教育のエクスパートに

English Language Education

今日、地球規模の文化交流はますます活発化しています。英語教育コースは、こうした時代の流れを傍観することなく、異文化間コミュニケーションを重視し、国際規模の人的交流を円滑にする「共通語としての英語」の習熟に、積極的に取り組むことを目指しております。

そのアプローチとして、本コースは英語の知識・運用力の獲得を学問的に考察する英語教育学を柱にしながら、英米文学および英語学の分野においても優れた研究体制を擁しています。この英語教育学・英米文学・英語学の3分野が、その独自性を保ちつつも学際的に協力し、英語教育の諸問題に取り組むのが本コースの特徴と言えます。さらに、こうした国際的な広い視野を持つ優れた人材の育成を目指しながら、学校教育関係科目も重視している点で、他大学と異なる特色あるカリキュラムを持つと言えます。

カリキュラム

「英語」の獲得に関わる教授法・評価法など、英語教育学を根幹とする教科教育科目のうち2科目を選択必修としています。また、学生は、英語教育のみならず、英語文化を形成する文学あるいは言語にも造詣を深めるために、英米文学および英語学で構成される教科専門科目から、4科目が選択必修となっています。さらに,そうした3学問領域の一層の深化を狙って、学生の専門分野に応じた2科目を選択必修としています。自分の専門分野を主体としながらも、異なる分野からの視野も広げてください。

学生指導

入学直後から、研究分野(英語教育学・英語学・英米文学の3分野)ごとに、各学生の研究テーマに対応する複数教員を指導教員としています。もちろん、受講授業に触発されたり、自主研究を進めたりしていく過程でテーマの修正があれば、指導教員を変えることも可能です。学生は、特定曜日時限ないしは随時適切な時間に指導教員の指導を受けることができます。また、社会人特別選抜入学の学生は、正規の授業のなかで修士論文指導を受けることもできます。

修了生の進路

英語教育コースは、「学校教育に関する深い教育的識見と高度な専門的及び実践的能力を備えた高度専門職業人としての教員の養成」という教育研究科の方針の下、高等学校(一部私立の中学高等学校)教員が修了生の最大多数を占めています。現職教員の教育にも力を入れていることから、そうした修了生が現職復帰する例も増えています。その他、大学・短大・高専に奉職する修了生、海外留学や博士課程に進学する修了生もおり、教職以外に従事する者と合わせて、英語教育界および英語を使用する現場において、第一線の活躍をしております。

修了生の声

吉田 愛(平成18年度修了)

英語教育コースは、まさに私の「学び舎」でした。授業や研究会を通して得る知識は1つ1つが新鮮で、仲間との討論は何よりも刺激的でした。学内外のたくさんの方や、研究事例と出会い、多角的なものの見方が身につきました。先生方は学生に親身で学問に熱く、仲間とは食事を持ち寄ってともに勉強したことを思い出します。苦しさもありましたが、最後に論文でまとめた自分なりの考察は、教員として教壇に立ったあと授業づくりの軸となりました。現在も、2年間を振り返っては皆さんに感謝するとともに、まだまだこれからだという気持ちで日々を過ごしております。

修士論文一覧・担当教員

修士論文一覧 担当教員