芸術科教育コース

芸術科教育コース

芸術教育の理論と実践を先導する専門家の養成

Arts Education

本コースでは、新しい時代に対応する芸術教育の担い手として、高度な専門的能力と実践的能力を兼ね備えた人材の育成をめざしています。そのために教育全般に関する深い洞察力を身につけながら、一人一人の問題意識を高めていきます。また、芸術領域の専門的技能を習得していく多彩なカリキュラムを有しています。急速に変化する現代において、アカデミックな芸術の教養をふまえつつ、今日の新しいメディアや拡張する現代の芸術までを対象として、幅広く柔軟な視点から芸術教育の可能性を探究していくことを期待しています。

カリキュラム

芸術科教育コースのカリキュラムは、教科教育科目、教科専門科目、選択科目からなります。教科教育科目は「芸術科教育特講」や「芸術科教育実践演習」などで、芸術教育の基礎理論をふまえながら芸術の各領域での教材化と実践を考察していきます。また、教科専門科目と選択科目は、絵画、彫塑、デザイン、工芸、美術理論・美術史、書道の各領域から構成されています。教科専門科目と選択科目は、「芸術鑑賞論」、「芸術科教育研究」などから、各自の関心や研究テーマに応じて各領域から授業を選択します。それぞれの授業では、各領域での学術的背景を理解しつつ、最新の知見と技能を学んでいきます。例えば、絵画領域では、洋画や日本画における各種技法・素材を分析しその技術を習得していきます。彫塑領域では、テラコッタにおける高度な表現技術力を習得していきます。デザイン領域では、近・現代デザインの作品群を考察したり、実践的なデザイン・プロジェクトを試みていきます。工芸領域では陶磁表現の多様性を習得していきます。美術理論・美術史領域では、西洋・東洋の美術を様式や思想などから多面的に考察していきます。そして、書道領域では、仮名・漢字における各種書体技法を分析し、その技能を習熟していきます。

学生指導

1年次から担任教員をおき、履修方法や生活面などさまざまな相談にきめ細かに対応できるようにしています。また、芸術科教育コースのための学習室が用意されており、コース専用のパソコンや個別の学習机、コピーカード等が提供され、自習や研究のための環境が整えられています。

修士論文の指導では、研究テーマに応じて修士論文指導教員を決定し、定期的な研究指導を行います。そして、1年次において修士論文の構想発表、2年次において中間発表を行い、論文審査後には修士論文発表会を開催し、研究成果を公開します。

修了生の研究と声

中川知子(平成22年度修了)茨城県つくば立豊里中学校教諭

芸術科教育2年間の「学び」は鮮烈です。大学院で取り組む、新しいものを生み出そうとする研究のためには、教科書に頼る「勉強」や好きなこと・分かる分野だけの「勉強」ではなく、広く深く自ら「学ぶ」「探求」する態度が必要不可欠です。本研究科で受ける講義・指導はもちろん、本大学の芸術専門学群・大学院芸術専攻の講義や実習を受講・聴講させていただく機会に多くの教授・学生・院生と交わす何気ない会話など、随所に新しい知識世界の扉をみつけ、知的好奇心を刺激される毎日を送り広く深い「学び」を体験できました。現職教員だからできる「学び」の形があると思います。

齋藤悠希(平成23年度修了)逗子市市民協働部文化振興課文化コーディネーター

芸術科教育コースでの2年間は、これまでの学生生活の中で最も贅沢で充実した時間でした。担当教員をはじめ、”教育”や”芸術”の垣根を越えて研究に対し手厚いご指導を頂けることはもちろん、他専攻の学生や現職の先生方との出会いも豊富で、多方面の専門家から様々な視点でご意見を頂く機会が豊富にあります。また筑波大学のコミュニティーは非常に大きく、研究を進める際の学外施設への取材等において多くのOB・OG、先生方にご協力頂くことができ、学生として本当に恵まれた2年間でした。社会に出た現在、大学院で得た出会いは私の強みになっています。

芸術科教育コースのホームページ

art_web

修士論文一覧・担当教員

修士論文一覧 担当教員